部門単位

債権回収マネジメント

貸し倒れリスク防止モデル

こんなお悩みありませんか?
  1. 回収漏れがあったときにすぐに気づくことができない。
  2. 債権の滞留状況を把握できていない。
  3. 債権回収に必要な情報をすぐに出力することができない。

このモデルなら

貸し倒れの危険性を防いで会社の損失によるリスクを回避できます

1

時間短縮の効果の目安

1

*100件の得意先を対象とした場合

  • 確実に回収漏れに気づくことができます!

    回収予定の確認日に回収予定表が自動作成・通知されるため、回収状況を正確に把握できます。

    STEP1

  • 債権の滞留状況から貸し倒れの危険性をチェック!

    滞留債権年齢表が自動作成され、滞留状況から債権回収の必要性がわかります。

    STEP2

  • 債権回収の早期アクションを実現します!

    回収条件一覧や債権残高一覧を出力できるため、債権回収のアクションをすぐに実行に移すことが可能です。

    STEP3

ここまでできます!
  • 入金情報の自動マッチングによる正確な回収状況の把握
  • 月または日単位での債権の滞留期間の確認
  • 部門・請求先・担当者別の債権残高のチェック
実現システム

勘定奉行、入金管理オプション

  • モデルをもっと詳しく見たい方こちら

    お問い合わせ
  • 他のモデルもまとめて見たい方はこちら

    ガイドブック申し込み

この取り組みモデルを見た方はこちらの取り組みモデルにも関心をもっています