部門単位

コストマネジメント

コスト削減モデル

こんなお悩みありませんか?
  1. コストの増加に迅速に気づくことができず、すぐにコストを抑えるための手を打つことができない。
  2. コストが変動する原因をすぐに分析することができない。
  3. コストの見直しに必要な報告資料を作成するのに時間がかかる。

このモデルなら

コストを見直す適正なタイミングがわかり効果的なコスト削減を行えます

1

時間短縮の効果の目安

1

*月に1度会議資料を作成した場合

  • 増加コストをすぐに発見できます!

    科目別の月次推移表が自動作成されるため、コストの増加に迅速に気づくことができます。

    STEP1

  • コスト増加の原因を簡単に追及できます!

    部門や取引先などの会社独自の切り口でコストの変動を分析することが可能です。

    STEP2

  • コストの見直しに必要な報告資料をすぐに出せます!

    分析結果は表やグラフの形式で出力でき、そのまま会議資料として使えるため、コスト削減の目標設計に活用できます。

    STEP3

ここまでできます!
  • 部門別変動損益の前期比較によるコストの妥当性の確認 
  • 経費の月次予算実績対比と予算消化率の把握
  • 費用対収益や一人当たり利益率に基づくコストの適正化
実現システム

勘定奉行、管理会計オプション

  • モデルをもっと詳しく見たい方こちら

    お問い合わせ
  • 他のモデルもまとめて見たい方はこちら

    ガイドブック申し込み

この取り組みモデルを見た方はこちらの取り組みモデルにも関心をもっています