生産性向上

生産性向上 取り組みモデル

成果につながるマネジメント業務を時間をかけずに行えます

生産性向上取り組みモデルを活用することで、マネジメント業務に必要な情報や分析データが迅速に手に入るため、時間をかけずにマネジメント業務を行うことができます。

生産性向上 取り組みモデル 生産性向上 取り組みモデル

マネジメント業務の役割

マネジメント業務は、企業の成長に必要な要素を形成する役割があるため、必要不可欠な業務です。

企業の成長 企業の成長

「時間がなくてマネジメント業務には手を伸ばせない」と思っていませんか?

紙やExcelなどを使って手作業で業務を行っていると、マネジメント業務に必要なステップを踏むのに膨大な時間がかかります。結果として、マネジメント業務を行う時間はないと思われているのが現状です。

  • STEP 01
    現状把握
    データの定期チェック
     

    <現在>
    ほしい情報が見つからない…

  • STEP 02
    原因分析
    分析用データの収集
    原因分析のための帳票作成

    <現在>
    Excelでうまく分析できない…

  • STEP 03
    マネジメント実践
    報告書の資料作成
    関係者への伝達

    <現在>
    資料作成に時間がかかる…

時間をかけないマネジメント業務で生産性を向上する

具体的な実現手法「全5モデル」はこちら

  • 人材マネジメント

    一人ひとりの能力を定量的に把握して最適な育成プランを作成することで、期的に企業の競争力となる人材を育てる

    STEP 01
    育成対象者の抽出
    STEP 02
    育成ポイントの決定
    STEP 03
    育成プランの作成
  • 営業マネジメント

    見込管理を徹底することで見込の精度を上げ、各担当者の営業活動状況から最適なアドバイスを実施する

    STEP 01
    注力案件の抽出
    STEP 02
    案件状況の確認
    STEP 03
    営業アドバイスの実施
  • 販売マネジメント

    売れ行きの変化をつかみ、売り上げの傾向分析することで重点販売商品を見極め、機会損失を防止する

    STEP 01
    売上の現状確認
    STEP 02
    売上傾向の分析
    STEP 03
    仕入数量の調整
  • コストマネジメント

    コストの動きをリアルタイムに把握することでコスト見直しの適正なタイミングをつかみ、効果的なコスト削減の計画を立てる

    STEP 01
    増加コストの発見
    STEP 02
    コスト増加の追及
    STEP 03
    コストの見直し
  • 債権回収マネジメント

    回収予定と入金状況を常にチェックすることで回収状況を改善し、貸し倒れによる損失のリスクを防止する

    STEP 01
    回収漏れの発見
    STEP 02
    貸し倒れの危険性チェック
    STEP 03
    債権回収の実施