リスク・法制度対策

将来の法制度対策

テレワークで始める働き方改革モデル

こんなお悩みありませんか?
  1. テレワークを導入したいが対象者をどのように選定すればいいかわからない。
  2. テレワークを行うための労務管理の仕組みがない。

このモデルなら

1.適性のある従業員を対象に、
はじめてのテレワークをスムーズに導入できます

テレワーク導入準備

対象者の決定

テレワークに適した対象者の選定を自動化します
従業員に適性検査やスキルアンケートを実施すると自動的に資質やスキルを定量的に把握できます。テレワークの基準を設定するだけで、希望者の中から適した対象者を自動的に抽出します。

テレワーク選定基準の例
・評価がB以上 ・自己管理スキルが高い ・育児中・介護中の者
・勤続年数が3年以上 ・担当業務が企画、開発、営業の者

社員個別の契約管理

従業員個別のテレワーク労働条件の明示を自動化
従業員個別の様々な労働条件を一元管理できるので、労働条件の通知や更新時のリストアップが瞬時に行えます。

集計・管理の自動化
■ 1ヶ月・3ヶ月の残業計算 ■ 所定労働時間を変えずに集計
■ 企業独自のインターバル時間集計

2.勤務場所にとらわれないコミュニケーションと労務管理を確立でき、
業務生産性の向上につながります

テレワークの実現

管理内容の決定

従業員がどこにいても手間なく連絡・報告ができます
自宅や外出先からWeb上で申請が行えます。業務中の連絡は社内SNSを利用して手軽に行えるため、会議情報の共有やこまめな報告で、業務をスムーズに行うことができます。
■ 勤怠申請 ■ 身上異動申請 ■ マイナンバー申請 ■ 年末調整申告

社員個別の労務管理

テレワークに伴って発生する勤怠集計・給与計算を完全自動化
Web上で打刻さえ行えば自動的に勤怠集計・給与計算が行われます。給与明細は紙から電子データに変えることで、パソコンやスマートフォンで閲覧できるようになり、印刷・配付業務がなくなります。
動画を見る
実現システム

人事奉行/給与奉行/勤怠管理サービス/身上異動届出サービス/給与明細電子化サービス/年末調整申告書サービス/人材育成サービス/奉行Linkitサービス

  • モデルをもっと詳しく見たい方こちら

    お問い合わせ
  • 他のモデルもまとめて見たい方はこちら

    ガイドブック申し込み

この取り組みモデルを見た方はこちらの取り組みモデルにも関心をもっています