リスク・法制度対策

将来の法制度対策

職場意識改善モデル

こんなお悩みありませんか?
  1. 改正労働基準法への対応をどのように進めればいいかがわからない。
  2. 月60時間を超えて残業している従業員がいる。
  3. 有休消化の計画を立てたり有休取得の促進をしたりする仕組みがない。

このモデルなら

1.正確な勤怠データが集約された環境で自動的にマネジメントが
実行されるので、手間なくすぐに指導を行うことができます

長時間労働の禁止

残業状況の把握・指導

勤怠データを自動的にマネジメントし36協定上限を必ず順守
未打刻があると自動アラートで申請を促し、信頼性の高い勤怠データを構築できます。残業の事前申請時に表示される累計残業時間や残業発生レベルに応じた自動アラートを元に適切な指導が可能になります。

職場に適した残業削減

改正労働基準法に伴う新しい制度に対応した集計・管理を自動化
労働基準法改正に伴い、企業には採用できる労働時間制度の選択肢が広がり、各制度に求められる管理が発生します。どのような制度を採用してもクラウドサービスが自動的に勤怠を集計し制度の運用に対応できます。
選択できる制度の例
・フレックスタイム制 ・プレミアムフライデー ・勤務間インターバル
必要となる対応
・3ヶ月の清算期間での残業清算 ・その日の所定労働時間を変えない
・終業と始業のインターバル時間の管理
集計・管理の自動化
■ 1ヶ月・3ヶ月の残業計算 ■ 所定労働時間を変えずに集計
■ 企業独自のインターバル時間集計

2.有休消化計画に基づいた取得促進の自動化により、
継続的な働きかけを通じて全社員が有休消化する環境を構築できます

有休未消化の防止

計画実績管理

従業員ごとの有休消化計画と実績・消化管理を自動化
改正労働基準法に対応するためのマネジメントである、従業員の希望と企業の計画的付与を合わせた有休消化計画表を自動的に作成します(※労働基準法改正の施行時の予定機能)。計画表に基づいて従業員が休暇申請を行い、消化状況を即座に把握できます。

有休取得の促進

消化が5日に満たない従業員へ自動通知し、取得を促進!
消化日数が5日未満の従業員に対して自動的に通知するので、手間なく消化を促進します(※労働基準法改正の施行時の予定機能)。部門別の平均消化日数や消化率を比較して、消化が進まない部署へ働きかけが行えます。
管理資料の例
・有休消化5日未満リスト ・部門別有休消化状況一覧 ・有休更新通知書 など
動画を見る
実現システム

勤怠管理サービス / 奉行Linkitサービス

  • モデルをもっと詳しく見たい方こちら

    お問い合わせ
  • 他のモデルもまとめて見たい方はこちら

    ガイドブック申し込み

この取り組みモデルを見た方はこちらの取り組みモデルにも関心をもっています