リスク・法制度対策

リスク・法制度対策 取り組みモデル

働き方改革の継続に必要なマネジメントを時間をかけずに実現できます

働き方改革におけるリスクを予防し、将来の法制度に対応するには、新しいマネジメント手法が必要です。システムによって時間をかけずにマネジメントを実現する取り組みモデルをご紹介します。

長時間労働と健康障害のリスク

長時間労働の蓄積により、メンタルヘルス不全や健康障害を招くリスクがあります。また、使用者の安全配慮の義務を怠った企業には、労働災害による損害賠償責任や社会的責任が問われます。

  • 企業に求められる取り組み 企業に求められる取り組み
  • リスクイメージ

必要となるマネジメント手法

残業削減による生産性低下のリスク

ノー残業デーなどで残業を削減しても、仕事を家に持ち帰ってしまい、生産性が低下するリスクがあります。また、残業手当が減ったことでモチベーションが低下することも想定されます。

  • 企業に求められる取り組み 企業に求められる取り組み
  • 生産性低下イメージ

必要となるマネジメント手法

改正労働基準法への対応

2019年4月から予定されている改正内容は、企業への規制・罰則が強化され、多大な影響があります。

  • 企業に求められる取り組み 企業に求められる取り組み
  • 改正労働基準法イメージ
  • 規制
  • 緩和

必要となるマネジメント手法

テレワークを活用した働き方改革

情報通信機器を利用して場所や時間にとらわれない働き方としてテレワークが注目されています。時間を有効に活用して生産性を上げる手段として、育児・介護中の従業員を始め、様々な職種で導入が検討されています。

  • 企業に求められる取り組み 企業に求められる取り組み
  • テレワークイメージ

必要となるマネジメント手法