部門単位

営業・販売部門 取り組みモデル

滞留債権管理

滞留債権管理省力化モデル

こんなお悩みありませんか?
  1. 滞留債権はExcelの売掛金台帳で都度確認を行っているため、すぐに把握できない。
  2. Excelで滞留債権年齢表を作成しているため、売掛金台帳から転記するのに時間がかかる。
  3. 関係者へ滞留債権の報告や回収指示を行うための、メール作成や資料添付に時間がかかる。

このモデルなら

滞留債権年齢表の作成から報告までの一連の手作業がなくなります

40

時間短縮の効果の目安

5

*10件の取引を処理した場合

  • 導入前
  • 導入後
動画を見る
実現システム

商奉行、入金消込オプション、奉行Linkitサービス

  • モデルをもっと詳しく見たい方こちら

    お問い合わせ
  • 他のモデルもまとめて見たい方はこちら

    ガイドブック申し込み

この取り組みモデルを見た方はこちらの取り組みモデルにも関心をもっています