部門単位

人事・総務部門 取り組みモデル

BCP対策

BCP運用スピード向上モデル

こんなお悩みありませんか?
  1. 災害発生時に電話やメールで連絡先を確認しながら安否確認をするため時間と手間がかかる。
  2. 安否状況の集計作業に手間がかかる。
  3. 従業員全員の安否確認ができるまで時間がかかり、すぐに事業復旧・継続に取り組めない。

このモデルなら

安否確認の自動化により、確実にBCPを運用でき、
早急に事業復旧・継続に取り組めます

3

時間短縮の効果の目安

1

*※50名の安否確認を行った場合

  • 導入前
  • 導入後
実現システム

BCP対策サービス ※2019年10月以降リリース予定

  • モデルをもっと詳しく見たい方こちら

    お問い合わせ
  • 他のモデルもまとめて見たい方はこちら

    ガイドブック申し込み

この取り組みモデルを見た方はこちらの取り組みモデルにも関心をもっています