奉行流働き方改革

4つの着眼点から考える!奉行流 働き方改革

OBCが考える「奉行流 働き方改革」は、業務にかかる時間を減らすことで、働き方改革を実現します。働き方改革を成功させる4つの着眼点から、社内で推進するヒントと効果的な取り組み手法を見つけることができます。

4つの着眼点

77

奉行流 働き方改革とは

業務の時間削減で、すべての企業の働き方改革を実現します
企業には働き方改革の取り組みが迫られている

今や長時間労働は深刻な社会問題であり、政府は働き方改革の一環として、取り締まりを強化するための法改正を進めています。また、長時間労働は企業リスクへ発展するおそれがあるため、働き方改革は企業にとっての最優先課題であるといえます。

長時間労働の是正は急務長時間労働の是正は急務

働き方改革に踏み切れない企業の現状

企業は、働き方改革の必要性を感じる一方で、労働時間の削減により競争力が低下してしまうのではないかという懸念を持っています。さらに、世の中の働き方改革の多くが、抜本的な制度改革や個人の意識改革を伴うため、実現性が低く着手できない現状があります。

目の前にある業務の時間を減らすことで働き方改革を実現できます目の前にある業務の時間を減らすことで働き方改革を実現できます

奉行流働き方改革は安心と実現性を兼ね備えています

約40年間企業の業務に向き合い、56万社以上の導入実績があるOBCだからこそ、業務の特性に合った時間削減の手法を提供することができます。どんな企業でも、成果を維持したまま確実に労働時間の削減に取り組むことが可能です。

奉行流 働き方改革とは 奉行流 働き方改革とは